ふくろ祭り2016 日程と見どころ、魅力 小競り合いの動画あり!

ふくろ祭りは誰もが知っているという祭りではありませんが、1968年
(昭和43年)から続いている伝統あるお祭りです。その名通り東京の池
袋西口周辺で行われ、毎年熱気に包まれます。
今回はふくろ祭り2016の日程、見どころ、魅力などをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ふくろ祭りの基本情報

ふくろ祭り

日程

開催日
 →2016年9月24日(土)前夜祭
       9月25日(日)神輿の祭典
      10月 8日(土)踊りの祭典
      10月 9日(日)第17回東京よさこい
 ※4日間とも雨天決行です。
時間
 →10:30~20:30
  ※プログラムにより時間は多少前後します。
会場
 →豊島区内8会場(目白駅前、池袋西口5会場、大塚駅北口、巣鴨駅北口)
  メインは池袋西口となります。
電話
 →03-3986-7933 ふくろ祭り協議会

池袋西口会場はこちらです。

アクセス

電車
 →JR、メトロ、各私鉄「池袋駅」西口  
自動車
 →首都高速5号池袋線北池袋出口
 ※期間中は交通規制が敷かれます。駅の目の前で行われるのでなるべく
  電車で行かれることをおすすめします。

ふくろ祭りのみどころ

神輿の祭典(前半・9月25日)

地元池袋やその周辺の商店会、町内会が持っている神輿が約30基集結
して「御輿大パレード」が行われます。パレードは昼の12時から始ま
りますが、夜に行われる「宵神輿」が特に人気があります。

実際の動画をご覧下さい。

神輿同士がぶつかり合う「喧嘩神輿」も見応え充分です。もちろん本当
に喧嘩をするわけではありませんが、やはり興奮しているのか小競り合
いは毎年必ずどこかで起こっているようです。

下の動画で3分30秒過ぎに小競り合いが見られます。(大げさなこと
ではありません。)

また、外国人が大勢担いでいるのも特徴です。これは、「国際交流のお
みこしを担ぐ会」という団体が神輿を担いで国際交流を図る目的で募集
しているからです。

もちろん日本人でも参加できるので、興味がある方は是非どうぞ。
→国際交流のおみこしを担ぐ会 
 東京都豊島区南池袋2-23-4  03-3971-5345

踊りの祭典(後半・10月8日)

かっぽれや佐渡おけさ、沖縄のエイサー、フラダンスなどその名の通り
の全国の踊りが見られます。地元東京の東京音頭では見物客も参加する
ことが出来ます。

東京よさこいコンテスト(後半・10月9日)

全日程の最後を締めくくるのは「東京よさこいコンテスト」です。会場
は池袋だけでなく周辺の9会場で行われます。参加チームは例年100
チームを超える大盛況ぶりです。

大賞チームには東京都知事賞が贈られるのですが、その時は誰が都知事
をやっているのか別の興味もあります。

東京よさこいコンテストの動画もご覧下さい。

ふくろ祭り2016のまとめ

いかがだったでしょうか。ふくろ祭りの日程やみどころについてまとめ
てみました。通常お祭りいうと神社やお寺が主催してどこか厳かなイメ
ージがありますが、ふくろ祭りは神社やお寺は全く関係ありません。

池袋西口の4商店会が中心となり地元を盛り上げるために行っているお
祭りです。また、都会のど真ん中で行うお祭りもあまりないと思います。

池袋でしたら帰りの電車も分散されてスムーズです。是非一度参加して
みて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする