羽子板市浅草2016の日程、時間 羽子板の値段はいくらから?

浅草の浅草寺で行われる羽子板市は年末の風
物詩となっています。毎年約30万人以上の
人が訪れます。

今年は初日、2日目が土日となるので例年以
上の人出が予想されます。

羽子板を売る店は約50件ほど立ち並び、装
飾用の大きなものから子供用までさまざまな
羽子板が華やかに飾られます。

買わなくても羽子板を見るだけでも充分に楽
しめます。

今回は羽子板市2016の日程、開催時間、
羽子板の値段などをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

羽子板市2016浅草の基本情報

羽子板市

日程

開催日
 →12月17日(土)~12月19日(月)
会場
 →浅草寺
時間
 →9:00~21:00頃
電話
 →03-3844-1221 浅草観光連盟

アクセス

電車
 →東京スカイツリーライン・東京メトロ
  つくばエキスプレス・都営地下鉄
  各線「浅草」駅から徒歩約5分
自動車
 →首都高速1号線入谷ランプから約8分

駐車場

浅草寺内に駐車場はないので周辺のコインパ
ーキングをご利用いただくことになります。
周辺のコインパーキングはこちらです。

なお、当日は大混雑となりコインパーキング
も満車が予想されます。駅から近いのでなる
べく電車で行かれることをお勧めします。

羽子板の値段

大きさによって値段はかなり幅があります。
安い物は3000円台から購入出来ます。店
の下の方にある「赤台」に並べられていま
す。

標準的な物で1万円台から2万円台となるよ
うです。店の奥には数10万円するものもあ
ります。商売をされている方は是非どうぞ。

羽子板にはコンビニやスーパーのような値段
は貼っていません。店主との交渉になり、商
談が成立すると周りのお客にお手を拝借し「
シャン、シャン、シャン」と景気良く手拍子
を打ってくれます。

3000円台の羽子板でも手拍子を打ってく
れるかはわかりませんが・・・

値段交渉で値引いてくれた分は祝儀として店
に渡すのが粋と言われています。「値引いて
もらって得をした」では江戸っ子ではないと
いうことでしょう。

羽子板市の歴史

浅草の羽子板市の歴史は古く、元々は江戸時
代に日用品を商う「市」でした。その年最後
の市が「歳の市」と呼ばれ、日用品の他に正
月用品も扱うようになりました。

正月用品の中に羽子板があり、その華やかさ
でいつしか「羽子板市」と呼ばれるようにな
ったようです。

羽子板市の種類

羽子板市ではその年に活躍した人を模った羽
子板が話題となります。今年はリオデジャネ
イロオリンピックのメダリストの羽子板が出
るでしょうね。

リレー羽子板とかバドミントン羽子板あたり
でしょうか。小池百合子都知事もあるかもし
れませんね。

出来ればベッキー羽子板、清原羽子板、高知
東生羽子板などが見たいのですが絶対に無理
でしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする