三十三間堂 通し矢2017の日程 見どころや参加方法など

「通し矢」とは京都市東山区にある仏堂「三
十三間堂」で行われています。京都の冬の風
物詩とも言える行事です。

成人を迎えた男女の有段者や称号者がその腕
を競います。

振り袖や袴姿の新成人が弓を引く姿は優雅そ
のものです。毎年1000人以上の新成人が
参加します。

今回は通し矢2017の日程、見どころ、参
加方法などをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

三十三間堂 通し矢2017の基本情報

日程

開催日
 →2017年1月15日(日)
時間
 → 8:30 新成人男子
  10:50 新成人女子
  13:50 称号者
  14:30 決勝
会場
 →三十三間堂
住所
 →京都府京都市東山区三十三間堂廻町657
電話
 →075-692-3484 京都府弓道連盟
  075-561-0467 三十三間堂

アクセス

電車
 →JR京都駅より市バス100・206・208系統
  バス停「博物館三十三間堂前」下車すぐ

駐車場

50台分あります。満車の場合の近辺のコイ
ンパーキング情報です。
三十三間堂近辺コインパーキング

三十三間堂 通し矢2017の見どころ

参加出来る人は称号者と男女の新成人です。
称号者とは範士や教士など武道における称号
を持っているいわば達人です。

そうなるとほとんどの人は「一生に一度」の
晴れ舞台となります。

そして男女とも和服を着て晴れやかに射りま
す。

この、晴れやかな一生に一度の舞台を見るこ
とが出来るということでとても人気のある行
事となっています。

実際の動画をご覧下さい。

遊び半分で行っているのかと思ったのですが
意外と真剣に射っています。

通し矢は「大的全国大会」でもあるので楽し
んでいる余裕はないのでしょう。

三十三間堂 通し矢の歴史

ここで歴史も簡単に触れておきます。
通し矢の始まりは平安時代の末期とも織田信
長が広めたとも言われていますがどうもはっ
きりとはしていないようです。

江戸時代に入ると確実な記録が残っていて盛
んに行われていたようです。明治時代になる
と次第に廃れていったようです。

現在のような新成人参加型になったのは昭和
26年からです。

三十三間堂 通し矢の参加方法

通し矢の写真

参加資格は新成人という他に「前年の9月3
0日までに初段以上を有していること」が必
須です。

さすがにおちゃらけた気分で参加は出来ませ
んね。

京都府弓道連盟に問い合わせるのが確実な方
法です。

〒601-8047 京都市南区東九条下殿田町70 
 京都府スポーツセンター内
TEL 075-692-3484  FAX 075-692-3484
E-mail kyoto-kyudo@poem.ocn.ne.jp

まとめ

いかがだったでしょうか。新成人の方で弓道
有段者は参加してみるのはいかかでしょうか。

また、晴れ姿を見に行くのもいいかもしれま
せん。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする