玉せせり(玉取祭)筥崎宮2017の日程、開始時間 壮絶な玉の奪い合いは必見!

玉せせり(玉取祭)は毎年1月3日に福岡県
の筥崎宮で行われる伝統行事です。

長崎くんち、八代妙見祭とともに「九州三大
祭り」とも言われています。また筥崎宮も京
都の石清水八幡宮、大分の宇佐神宮とともに
「三大八幡宮」の1つとされています。

行事、場所共に三大○○と称される祭りはあ
まりないのではないでしょうか。

重さが8キロもある木製の玉を褌姿の男達が
奪い合う様は勇敢そのものです。玉を頭上に
かざすと幸運を授かると言われています。

今回は玉せせり(玉取祭)筥崎宮2017の
日程、開始時間などをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

玉せせり(玉取祭)2017の基本情報

玉せせりの写真

日程

開催日
 →2017年1月3日(火)
時間
 →13:00~14:30
会場
 →玉取恵比寿神社~筥崎宮境内
住所
 →福岡県福岡市東区箱崎1−22−1
問合せ先
 →092-641-7431(筥崎宮)

アクセス

電車
 →地下鉄箱崎線「箱崎宮前駅」徒歩約3分
自動車
 →福岡都市高速1号香椎線「東浜」ランプ
  約6分

駐車場

無料駐車場があります。下図をご覧下さい。
玉せせり駐車場

※開催日は1月3日で参拝客で周辺はとても
混雑します。可能であれば電車で行かれるこ
とをお勧めします。

玉せせり(玉取祭)2017の見どころ

玉の奪い合い

「競り子」と呼ばれる男達がしめこみ姿で陰
陽2つの玉のうち陽の玉を奪い合う様子が最
大の見どころです。

ちなみに玉はこちらです。↓
玉せせりの玉の写真

玉を奪い合う動画もご覧下さい。

実際にはある程度玉を譲り合ってもいるよう
ですね・・・そこはご愛敬です。

この陽玉は直径28センチ・重さ8キロもあ
り、中々の大きさ、重さです。

「競り子」は「陸(おか)組」と「浜組」に
わかれ陽玉の争奪戦を繰り返し、本宮の楼門
で待つ神職の元まで運ばれます。

陽玉を神官に渡したのが陸組ならその年は豊
作、浜組なら大漁といわれています。

また、この陽玉に触れて頭上に掲げると悪事
災難を逃れ幸運を授かると言われています。

陰と陽の2つの玉が揃って本殿の神前に供え
られ無事に玉せせりは終了となります。

玉せせり(玉取祭)の歴史

玉せせりの起源には諸説あるようですが古く
は室町時代からあったとされています。

玉の由来も諸説あり、戦国時代に肥前呼子の
商人が、博多の海上でを拾ったうちの1つを
筥崎宮に奉納したところ、夜に光を放って鳴
動するなど、たびたび不思議なことがあるの
で、他の1つも筥崎宮に納めたという説など
があるようです。

筥崎宮は勝利の神様

筥崎宮は勝利の神様としても知られ、地元の
福岡ソフトバンクホークスも勝利を祈願して
参拝に訪れているようです。↓
玉せせりの写真

「目指せ世界一」とは大きく出ていますね。

まとめ

いかがだったでしょうか。玉せせり(玉取
祭)筥崎宮2017の日程、開始時間、見
どころなどを中心にご紹介しました。

真冬に裸同然の姿でさらに水を浴びながら
玉を奪い合う姿は勇壮そのものです。

初詣を兼ねて見に行くのもいいかもしれま
せんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする