小樽雪あかりの路2017 日程、会場別見どころ 運河にキャンドルが浮かぶ!

小樽雪あかりの路は小樽の運河に手作りのキ
ャンドルの灯火が映る幻想的なイベントです。

始まったのは平成11年(1999年)と比
較的新しいイベントですが、口コミで広がり
今では来場者数が50万人を超える人気とな
りました。

同時期に行われることが多い「さっぽろ雪ま
つり」と両方行く観光客も多いようです。

イベント期間中はメイン会場以外にもキャン
ドルが灯り、小樽の街全体がやさしい灯りに
包まれます。

今回は小樽雪あかりの路2017の日程、見ど
ころを中心にご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

小樽雪あかりの路2017の基本情報

小樽雪あかりの路の写真

日程

開催日
 →2017年2月3日(金)~
       2月10日(日)
点灯時間
 →17:00~21:00
会場
 →【メイン会場】
   小樽運河会場
   旧手宮線会場
  【準メイン会場】
   朝里川温泉会場
入場料
 →無料
問合せ先
 →小樽雪あかりの路実行委員会事務局
  0134-32-4111(内線267)

小樽雪あかりの路

アクセス

【小樽運河会場】
 JR函館本線「小樽」駅から徒歩約10分
【旧手宮線会場】
 JR函館本線「小樽」駅から徒歩約5分
【朝里川温泉会場】
 JR函館本線「小樽」駅からバス「小樽駅前
 ターミナル2番乗り場、朝里川温泉線⑬」乗車
 〜バス停「温泉坂上」下車

 ⇒バスの時刻表をご覧下さい。

駐車場

会場周辺に駐車場は準備されていないのでな
るべく電車等をご利用下さい。メイン会場へ
も徒歩圏内です。

どうしてものために小樽駅周辺の駐車場マップ
をアップしておきます。

小樽雪あかりの路2017の見どころ

小樽運河会場

小樽雪あかりの路の期間中でなくても運河を
見に来る観光客は一年中いつでもいます。

そんな人気のスポットに幻想的なキャンドル
が灯されます。

運河には漁具を利用して作られたキャンドル
が浮かびます。散策路には手作りのオブジェ
とキャンドルが並べられます。ゆっくりと散
策することをお勧めします。

疲れたら「運河プラザ」に立ち寄れば暖かい
飲食物で休憩出来ます。

旧手宮線会場

1985年に廃線となった手宮線のレールに
沿ってキャンドルとオブジェが並びます。

「手づくり」感で溢れている会場でほのぼの
とした雰囲気を味わえます。

運河とは違う魅力に溢れています。記念写真
の撮影スポットも用意されていているのでこ
ちらで撮影してみてはどうでしょうか。
小樽雪あかりの路の写真

朝里川温泉会場

自然との一体感を最も感じられる会場が朝里
川温泉会場です。

「小樽雪あかりの路」というイベント名の由
来ともなっているのがこの朝里川温泉の風景
と言われています。

カメラマンの一番人気の会場というのも頷け
ます。

まとめ

いかがだったでしょうか。小樽雪あかりの路
2017の日程、会場別見どころをご紹介しま
した。

小樽へは札幌から特急で40分ほどです。
さっぽろ雪まつりと合わせて見ることは十分
可能です。

開催期間中は中国の春節と重なり最近はホテ
ルの予約も取れにくくなっているようです。

なるべく早く予約を取ることをお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする